なぜトータルホワイトニングなのか?

私はホワイトニングと審美歯科は共同体と言えると思っています。ちょうどわかりやすい症例がありましたので、それを見ながら説明したいと思います。

他院で2本の前歯にラミネートベニアを入れたそうですが、前歯に隙間ができて着色し歯自体の色も悪くなっています。この歯科医院は私から見るとラミネートベニアなんか治療する実力がないと思えますが、ともかくこの患者さんを救済するために一計案じました。

   


ラミネートベニアをこの先生と違って綺麗に入れることはいいのですが、できれば歯から色相(歯の色を構成している様々な色たちの種類の意味)を減らせば、色合わせがしやすくなる上に、ホワイトニングしておくと綺麗に見える。ホワイトニングは色相を減らせる代表的な治療法なので一石二鳥である!と。

実際にその通りになって下図のように一旦は白い自分の歯と色の悪いラミネートベニアになる時期が生じることを我慢していただいてから、最終的にラミネートベニアの作業に入りました。

ホワイトニングするだけで同じ方の歯ですが綺麗になるもんですね!

治療前と治療後とを比較するとよくわかります。当然、この方は非常にご満足なさっていました。

かつてのメタルボンドというセラミック内部にメタルを貼ったクラウンは、メタルの影が歯の付け根に生じて別名「ブラックマージン」という「塀の影」のようにメタルから生じる反射影を生じます。

この症例(下図)のように他院で10数年前に入れた差し歯の付け根の色が黒ずんで「イヤ」だとお考えになっていらっしゃる方は、どうぞまずホワイトニングしてください。その後で、既存のセラミック冠を外しオールセラミッククラウンを被せることで差し歯のイメージでなくご自分の自然な歯が蘇ったようなご満足を得られると思います。オールセラミッククラウンは光をすべて透過することから、視覚的に差し歯の付け根は明るいままで影を生じることはありません。最も審美的に優れた治療法です。またこのときに差し歯の芯の部分を通常のメタルでできたものからファイバーでできたレジンコアに作り変えるとさらに歯の明るさは増します。

山本歯科医院&横浜ホワイトニング・インプラントセンターでは、古い差し歯を新しくするにあたり綺麗な歯の色を獲得したい希望をもっていらっしゃる方を支援するためにホワイトニングコースでは割引制度を付けており、さらに皆様方のご要望に応えやすくなっております。